無利息キャッシングって?

急にお金が必要になったとき、すぐに必要な分の現金をつくれるキャッシングは便利なサービスです。審査の手間はありますが、一般的な消費者金融で審査にかかる時間は、およそ20分から数時間。一度カードを作っておくことで、さらに素早くお金を借りることも可能になります。手軽なサービスではありますが、お金を借りれば当然利息を支払わなければなりません。利息の支払いに抵抗があって、キャッシングを使ったことがないという方もいるかもしれません。

そこでおすすめのサービスが、無利息キャッシングです。一定の期間内に借りたお金を返済すれば、利息ゼロでキャッシングが利用できます。会社によって細かいルールや条件は異なりますが、サービスの利用は初回のみ可能という制限があることも多いです。利息がかからない期間も7日間や30日、180日など、申し込みをする会社と条件によって差があります。それによって、借入金額がすべて無利息になるケースや、一部のみが長期間無利息になるケースもあるため、自分が必要な金額と返済が可能な時期を考慮して利用を決めるとよいでしょう。

無利息キャッシングは、決められた期間中の利息は請求されません。その分は借入期間から差し引いた状態で利息が計算されるため、たとえ期間内に全額返済が不可能であっても無利息サービスは利用したほうがお得です。当サイトでは、無利息キャッシングの利用を考えている方のために、利息がゼロで済む仕組みと、サービスの賢い選び方についてご説明します。

リンク《NOLOAN》
一週間無利息でキャッシングができます。

無利息キャッシングで節約できる金額

利息の計算は借り入れの額に対して利息をかけて、1年で割り、さらに返済までの日数をかけるという方法で基本的には算出されます。そのため、無利息サービスを利用する上で、どれくらい節約することができるのかを計算することが可能です。この計算方法で考えると、15パーセントの利率で10万円を借り入れて30日で返済する場合、利息は1233円となります。つまり同条件で無利息サービスを利用するのであれば、1233円を節約することができるという計算になります。

節約できる利息の額は、無利息期間が長ければ長いほど増えていくことになります。もし180日間の無利息機関が設定されていて、10万円を金利18パーセントで借り入れた場合は3687円節約することができます。しかし、180日間も設定されていることはあまりないので、実際のところは7日間から30日間の返済で10万円借りた場合は数百円~1500円ほどの間の額を節約することができるでしょう。無利息期間に関しては、7日間で完済する場合次の月も無利息サービスを利用できる金融機関は少なくありません。借り入れる時期と、借り入れる額、返済までの期間をよく計算して利用すれば、無利息のキャッシングを十分に活用することができるでしょう。

無利息のキャッシング利用前に

無利息でのキャッシングを行う前に、どのような適用条件があるのかを押さえておくことは大切です。まずは、無利息期間の計算方法です。金融機関によってどのように無利息の期間を計算するかは異なっており、しっかりと確認しておかないとうっかり無利息期間内での返済を超過してしまうかもしれません。無利息機関のカウント方法としては大きく分けて2つあり、一つは契約日翌日からカウントされる場合です。この場合に気を付けなければいけないのは、契約してから借り入れるまでに日数が開いてしまってもその間に無利息サービス期間はカウントされてしまうため、期間が開きすぎると無利息になる返済日数が短くなってしまう点です。1日、2日で返済できる額が用意できればよいのですが、1週間や2週間先の収入を見込んでいると返済期間が終わってしまうかもしれません。

もう一つは借り入れの翌日から無利息サービス期間がカウントされる場合です。この場合でしたら単純に借り入れから無利息機関内での返済を計画すればよいので、返済計画も比較的立てやすいかもしれません。さらに金融機関によっては、メールアドレスの登録や、明細をweb明細に設定することなど付加的な条件が付くケースもあります。

無利息のキャッシングを上手に利用

級にお金が必要になった時に頼りになるのがキャッシングのサービスです。消費者金融や銀行系のキャッシングなど様々な形態のものがあります。とはいえ、キャッシングをすると、普通は利息が付きますのでトータルとしての支払い額は借入額よりも多くなります。借り入れた額よりもどのくらい多く支払うことになるかは、金融機関の利率によります。ですから、少しでも余分に支払う分を少なくするためには、利息の低い金融機関を探す必要があるのです。

しかし、注目のサービスとして、無利息のキャッシングがあります。消費者金融や銀行系のキャッシングの中には、この無利息サービスで多くの利用者を獲得しているところも少なくありません。無利息ですので、当然返済額は借入額と同額となります。お金は借りることはできても、多く支払う必要がないのです。しかし、注意しなければならないのは無利息サービスには条件があるということです。多くの金融機関では、無利息サービスの適用となる条件として、初回の一度のみ、また契約日から30日以内での返済を上げています。もちろん、詳細は金融機関によっても変わってきますし、無利息サービスが利用できる借入額の上限もありますので、借り入れる前に各社を比較しておくのはよいでしょう。

各社の条件を理解し、無利息サービスを上手に利用することで、賢いキャッシングをしていきましょう。どのような点に注目すればよいのか、いくつかのポイントを押さえておくと役に立ちます。